ルピシアの長崎限定茶「びぃどろ」を飲んでみた|金平糖が入った茶葉にきゅん

2 min 43 views
ルピシアの長崎限定茶びぃどろを飲んだ感想

ルピシアに販売されている地域限定茶の1つ、「びぃどろ」。

その名の通り、ビードロをイメージした紅茶で、茶葉にはピンクと水色の金平糖とお花がトッピング

フルーティーで爽やかな味わいと、見た目の可愛さでティータイムがちょっぴり幸せになりました

このページでは、ルピシアの長崎限定茶「びぃどろ」をお取り寄せして、実際に飲んでみた感想をご紹介していきます。

びわ

びわ

茶葉がとっても可愛いので、ぜひ写真を見てみてほしいです。

びぃどろの特徴|ビードロをイメージした紅茶

金平糖やフルーツでビードロを再現したびぃどろ

鎖国時代、唯一の貿易の窓口であった長崎にポルトガルから伝わってきたビードロ。

カラフルな美しいガラスに、フラスコのような形をしていて、息を吹くとペコペコと音が鳴ります。(見た目が美しいので飾ってたままになってしまうことが多い…)

そんな長崎のビードロをイメージした長崎限定茶のびぃどろ

ライチやグレープフルーツのさわやかなフルーツの香りで「ガラスのような透明感」を、カラフルな金平糖で「色鮮やかなビードロ」を、可愛らしく表現した紅茶です。

ビードロとツツジが描かれたカラフルなデザイン缶

ルピシアの長崎限定茶びぃどろはビードロをイメージした紅茶

長崎のお土産で有名なビードロと、長崎県花であるツツジが描かれたカラフルなデザイン。

小さなころビードロでペコペコ音を鳴らして遊んだ記憶がよみがえります。

茶葉には金平糖が入っていてとても可愛い

茶葉にはお花と金平糖が入っている

ピンクや水色の金平糖やお花が入っていて、可愛らしい見た目の茶葉。

びぃどろの茶葉が可愛い

まだお湯を注いでない茶葉から、ほんのりフルーティーでみずみずしい香りがします。

びぃどろをいれていく

ルピシアのびぃどろをいれていく

びぃどろのおいしいいれ方は、

  • 茶葉の量は2.5〜3g
  • お湯の温度は熱湯
  • 浸出時間(お湯に浸す時間)は2.5〜3分
  • 煎出回数(抽出できる回数)は1〜2回

とのこと。

さっそくいれていきます。

  1. STEP

    ティーポットに茶葉を入れる

    ティーポットにびぃどろを入れる
  2. STEP

    熱々のお湯を上からそそぐ

    熱々のお湯をティーポットに注ぐ
  3. STEP

    3分ほどお湯に浸す

    びぃどろの浸出時間は3分
  4. STEP

    茶こしを使ってマグカップに注いで完成

    茶こしを使ってマグカップに注ぐ

    茶こし(ティーストレーナー)を使って、マグカップにびぃどろを注いで行きます。

    茶こしは手に持って使うのが正解なのですが、写真を撮れなくなってしまうので、置いて使っています。

お湯を注いだときに広がる香りに、とても癒されました。

ルピシアのびぃどろが美しい

金平糖が入っていることから「フルーツの甘い香りがするのかな?」と思っていましたが、その逆でさっぱりしたフルーツの香りがふわっと広がりました

とくにライチの香りが強く、好き嫌いが分かれる香りかなと思いました。

びわ

びわ

私はライチ大好きなので、とっても嬉しい〜。

まだ小さなころ、母がハンバーグ屋に連れていってくれて「ライチをいっぱい食べると美人になれるんだよ」と聞いてから、数え切れないくらい食べました。

母と行ったハンバーグ屋を思い出すので、大好きな香り。

びぃどろを飲んでみた感想

びぃどろを飲んだ感想

フルーツの香りが強いので、とても爽やかな味。

フルーティーな後味がお口の中に残ります。

お湯をいれたときに金平糖が溶けてしまいましたが、紅茶が甘くなることはなく、フルーティな味わいだけがしっかりと残っていました。

お砂糖をいれなくても、そのままで十分美味しいです。

びわ

びわ

みずみずしいフルーツの香り。頭をスッキリさせたいときにぴったりの紅茶です!

甘い香りの紅茶が苦手な人や、フレーバーティーがお好きな人におすすめの紅茶でした。

びぃどろはどこで買える?|ルピシアのオンラインショップ

ルピシアの公式オンラインショップで購入できます。

ルピシアの公式オンラインショップ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。